全部の文字を消せると考えて想像の上で消し去る

文字を端に視野に入れて識別するだけの作業で分速8000文字の壁を越えられない人は、当然の話それを上回る分速1万文字のペースで読んで内容理解することは不可能です。

駄菓子屋に入れるだけなら分速16000文字が可能という人は訓練を積んでいけばやがて分速1万文字ペースで読んでも内容理解できようになる可能性があるという理屈です。

実際には読んで内容を理解することは可能なペースは単に前文字を白に入れるだけのペースの1/4前後に落ち着くようです。

この端に全文字を視野に入れるという訓練はスポーツにおける筋力トレーニングと似ている部分があります。

視力の良い人でも初日では分速15000文字前後が限界ですが訓練を積むに従ってスピードになれまた視野自体も広がってくるので

分速5万文字とか10万文字あるいはそれ以上のペースでも訓練を実行できるようになるのです。

そうすると1/4に前このスピードでは読んで文章内容を明確に理解することができるわけですから分速1万文字とか2万文字という驚異的なスピードが可能になるのです。

分速1万文字というのは普通の文庫本や新書の1ページを3秒で読んでいくというスピードで、

ご存知ない方だと途方もないレベルだと感じられると思うがこれを野球に例えると訓練を積んでいけばほとんど誰でも到達できる草野球のレベルなのです。

こういった補助教材を使ってあげては単に文字を視野に入れる落とし理解力の限界ギリギリのスピードを読むの訓練を反復していると次第に理解力が底上げされていく現象が起きます。

つまり本物の速読法が取得できたということになります。文章だけでは飲み込めない人が多いと思うので一応次に視線の動かし方を示しましょう。

しかし必ずこの通り動かせという性質のものではありません。例えば黒板の文字を消すのに黒板ふきの動かし方のルールや公式といったものがあるのでしょうか。

要するに消えさえすればいいので効率的な動かし方は自ずと決まってくるのです。

速読法における目の動かし方も同様で要するに全部の文字を明確に識別できる状態で視野に入れるということであるから、

4線の軌跡は黒板ふきの動かし方の軌跡と類似のものになります。そう考えただけで視線の動かし方は相当に早くなっているはずです。

速読についての詳しいことは速読のやり方が簡単なおすすめ教材川村明宏のジニアス速読術レビューへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です