全部の文字を消せると考えて想像の上で消し去る

文字を端に視野に入れて識別するだけの作業で分速8000文字の壁を越えられない人は、当然の話それを上回る分速1万文字のペースで読んで内容理解することは不可能です。

駄菓子屋に入れるだけなら分速16000文字が可能という人は訓練を積んでいけばやがて分速1万文字ペースで読んでも内容理解できようになる可能性があるという理屈です。

実際には読んで内容を理解することは可能なペースは単に前文字を白に入れるだけのペースの1/4前後に落ち着くようです。

この端に全文字を視野に入れるという訓練はスポーツにおける筋力トレーニングと似ている部分があります。

視力の良い人でも初日では分速15000文字前後が限界ですが訓練を積むに従ってスピードになれまた視野自体も広がってくるので

分速5万文字とか10万文字あるいはそれ以上のペースでも訓練を実行できるようになるのです。

そうすると1/4に前このスピードでは読んで文章内容を明確に理解することができるわけですから分速1万文字とか2万文字という驚異的なスピードが可能になるのです。

分速1万文字というのは普通の文庫本や新書の1ページを3秒で読んでいくというスピードで、

ご存知ない方だと途方もないレベルだと感じられると思うがこれを野球に例えると訓練を積んでいけばほとんど誰でも到達できる草野球のレベルなのです。

こういった補助教材を使ってあげては単に文字を視野に入れる落とし理解力の限界ギリギリのスピードを読むの訓練を反復していると次第に理解力が底上げされていく現象が起きます。

つまり本物の速読法が取得できたということになります。文章だけでは飲み込めない人が多いと思うので一応次に視線の動かし方を示しましょう。

しかし必ずこの通り動かせという性質のものではありません。例えば黒板の文字を消すのに黒板ふきの動かし方のルールや公式といったものがあるのでしょうか。

要するに消えさえすればいいので効率的な動かし方は自ずと決まってくるのです。

速読法における目の動かし方も同様で要するに全部の文字を明確に識別できる状態で視野に入れるということであるから、

4線の軌跡は黒板ふきの動かし方の軌跡と類似のものになります。そう考えただけで視線の動かし方は相当に早くなっているはずです。

速読についての詳しいことは速読のやり方が簡単なおすすめ教材川村明宏のジニアス速読術レビューへ

長年の条件反射をいかに克服するのか

さてこうやって考えてみると本や新聞雑誌というものは文字が印刷されていて消えない理由であるので、

読書能力を高め記憶力を高めるための訓練道具として用いるには、誠に不便なものです。

訓練のためには見る時間を短縮していかなければならないのですが、印刷された文字は強制的に視線を動かすか、

ページをめくってしまわない限りしやから消えてくれないからです。

訓練のために止める時間を短縮していかなければならないのですが、印刷された文字は強制的に視線を動かすか、

ページをめくってしまわない限りしやから消えてくれないのです。

そこで新日本速読研究会では、 訓練機材としてはパソコンやビデオ、集団の企業研修などでは電子手帳を用いています。

画面に現れてくる文字を設定値を変更することによって様々なスピードで出し消すことができるからです 。

パソコンやビデオ、電子手帳の訓練で、次第に負荷を大きくしていくのです(文字が現れては消えるまでの時間を短縮していく)ことによって、

最初は全く読み取れなかったほどの猛スピードでも楽に文章が読めるようになります。

最も徐々に負荷を大きくしていく つまり一方的にスピードを読み取り可能なレベルから上げていくだけではたいして進歩は期待できないのです。

ここにジョイント速読法としてのノウハウがありますが常識に反して一気に分速1000文字2000文字のレベルに上げていくことができるのです。

そうすると段違いにレベルが違うので最初はまるで読み取れないが視野に入ったものを残像としての脳裏に残そうとする本能の働きによって、

短期の記憶は持続する時間が引き伸ばされるのです。そうすると大多数の人が楽に読み取れるようになります。

そこで分速400文字の能力の人に分速1000文字の文章を読ませれば、当然のことながら読めないです。

それをさらに分速2000文字にあげてから分速1000文字に落としてみますそうすると大多数の人がラクに読み取りようになるのです。

一気に読書能力は2.5倍になった訳なのでこれだけの潜在能力のジャンプが早ければ本の十数分で達成できます。
このように頭の出来が悪いのではなく要するにやり方が分からなかっただけですから訓練を数日かけて何度もしていけばしだいに読書能力が向上していくのです。

使う機能は発達し、 使わない機能は衰える

機械は使えば使うほど消耗してくるが、人間は生き物であるから、手足の筋肉はよく使えば発達し使わなければ痩せ衰えていきます。

実は記憶力に関しても同じことが言えるのですがさてどういうことが記憶力のトレーニングになり、

どういうことが記憶力を衰えさせることになるかと言うと、大多数の方が大きな誤解をしてまるで正反対のことをしているのが実態です。

例えばある文章や英単語を見せられ、その文章や単語を覚えてくださいと言われた時、大抵の人は覚えたという自信が芽生えるまで、

与えられた文章形単5形をずっと凝視するだろうと思います。

ところがこういう風に記憶に取り組むを取り組むほど、本人の願望と意図に反して記憶力はどんどん衰えていくのです。

記憶とはそのものの形などを脳裏に焼き付けることですが、業種している限りは目の前にそのものが見えているわけですから、

別に形を脳裏に焼き付けてまで覚える必要性が生じないのです。そこで記憶力はいに反して驚いていくことになるのです。

記憶力を鍛えるには未手入れ対象を脳裏に焼き付けることが必要な状況を、強制的に表示させてやらなくてはなりません。

そのためには覚えるべきものを見たら素早く隠してしまい視界に入らないようにするのです。

見る時間はできるだけ短くこれが記憶力を鍛錬するこつで、最初は全く何も覚えることができません

(だから大多数の記憶力に自信のない人はそこで投げ出してしまうのです)がやがって必要に迫られて記憶力が高まってくるのです。

もうここで飲み込みが早い人だったら記憶力の強化方法の回答の一つが速読法だと言うことが理解できたとと思いまと。

読むのが速ければ速いほど、それに比例して文章を構成している9文字を見ている時間は短いことになります。

見ている時間が短ければ脳としては必要が生じるので、それに逆比例して読み取った文字情報が残像として脳裏に留まっている時間、

すなわち短期の記憶の持続時間を長くする必要が生じてくるのです。

だから文章を早く読めば読むほど自然にそのトレーニングを実行しているわけですだから読んだ文章を内容を記憶しておく能力が高まっていくのです。

記憶力が悪い人はゆっくり読んでいたらいよいよもっている潜在能力を怠けさせることになるわけで、

その状態を克服しようと思ったら一旦は理解力が低下しても、出来る限り早く読む訓練を積まなければなりません。

要するに理解しながら読む実際的な読み方の他に理解できないまま読むことを訓練として実行しなければならないということです。

○長年の条件反射をいかに克服するのか
さてこうやって考えてみると本や新聞雑誌というものは文字が印刷されていて消えない理由であるので、

読書能力を高め記憶力を高めるための訓練道具として用いるには、誠に不便なものです。

訓練のためには見る時間を短縮していかなければならないのですが、印刷された文字は強制的に視線を動かすか、

ページをめくってしまわない限りしやから消えてくれないからです。

訓練のために止める時間を短縮していかなければならないのですが、印刷された文字は強制的に視線を動かすか、

ページをめくってしまわない限りしやから消えてくれないのです。

そこで新日本速読研究会では、 訓練機材としてはパソコンやビデオ、集団の企業研修などでは電子手帳を用いています。

画面に現れてくる文字を設定値を変更することによって様々なスピードで出し消すことができるからです 。

パソコンやビデオ、電子手帳の訓練で、次第に負荷を大きくしていくのです(文字が現れては消えるまでの時間を短縮していく)ことによって、

最初は全く読み取れなかったほどの猛スピードでも楽に文章が読めるようになります。

最も徐々に負荷を大きくしていく つまり一方的にスピードを読み取り可能なレベルから上げていくだけではたいして進歩は期待できないのです。

ここにジョイント速読法としてのノウハウがありますが常識に反して一気に分速1000文字2000文字のレベルに上げていくことができるのです。

そうすると段違いにレベルが違うので最初はまるで読み取れないが視野に入ったものを残像としての脳裏に残そうとする本能の働きによって、

短期の記憶は持続する時間が引き伸ばされるのです。そうすると大多数の人が楽に読み取れるようになります。

そこで分速400文字の能力の人に分速1000文字の文章を読ませれば、当然のことながら読めないです。

それをさらに分速2000文字にあげてから分速1000文字に落としてみますそうすると大多数の人がラクに読み取りようになるのです。

一気に読書能力は2.5倍になった訳なのでこれだけの潜在能力のジャンプが早ければ本の十数分で達成できます。
このように頭の出来が悪いのではなく要するにやり方が分からなかっただけですから訓練を数日かけて何度もしていけばしだいに読書能力が向上していくのです。

理解力とは短期の記憶力なり

もう少し記憶と速読の関係について続けると、本や新聞を読んで内容を理解することは出来るのだが、

どうしても後々まで記憶することができないという人がいます。

せっかく通勤電車の中で日経を読み終えることができたとしても会社について同僚との話題にしようとしたら全部を忘れてしまったいでではお話になりません。

ところが理解力とは実は記憶力と表裏一体のものなのです。

例えばあなたが読んでいる文章が三行で成り立っているとして、2行目3行目に差し掛かった時に、

通り過ぎてしまった一行目の文章を忘れてしまうようでは、その人は文章を読んでも内容を理解することができません。

法律家の書く文章を素人には理解しづらいのには句点がなく、いつまでもだらだらと長く続き、

ようやく句点が来た時には、最初の方を忘れてしまっているからでまた改めて最初から読み返すということになるが、

今度は結末の方を忘れてしまっていつまでも堂々巡りを繰り返すことになるからです。

文章を読み終えても最初の方を覚えているだけの記憶力を備えているからこそ、その人は内容を理解することができるわけで

理解力とはすなわち短期の記憶力であるということが言えます。この極めて短期間で消滅してしまう始末の悪い短期記憶力の持続時間を、

記憶術とはいかないまでももう少し長くする訓練方法はないものだろうか。
そういう悩みを持っている人は多いに違いないですが実はその回答が速読法でだから速読法を身につけることによって多少は記憶力が強化されると書いたのです

記憶術と速憶術の違いとは

新日本速読研究会では、速読のテクニックをフル活用しての記憶術を、従来の記憶術とは全く異なっているので速憶術と呼ぶことにしています。

従来の記憶術というのは、 筆者の知る限りでは全部が清くすべき事柄をある特定のイメージとに直結させる

(ある概念からあるイメージを情景として脳裏に思い浮かべるか、あるイメージから末に結合する概念を思い起こすかの双方向である)

ことによって一発必中で覚えてしまうテクニックです。

こういった記憶術の筆者たちはイメージを脳裏に思い描くことは誰でもできると錯覚していますが、

それは自分ができたことは他人もできるという思い込みで、新日本速読研究会の情報収集力を駆使して調べた結果では、

記憶術として役立てられそうなイメージ力を持っている人は、日本人の場合せいぜい5%程度です。

例えばあなたは 道で誰かとすれ違って、後でそれが重大事件の犯人だと判明して、警察からモンタージュ写真の作成に協力を依頼され、力を出すことはできるのでしょうか?

すなわち道ですれ違った人物の 容姿を、しばらく時間が経過してから、 脳裏に鮮明に思い描くことができるのでしょうか ?

できないのであれば存在しないものをこじつけて脳裏にイメージするどころか、実在するものさえ回想できない理由であるから、あなたにはイメージ力がないということになります。

実はそのイメージ力の差によって読んだ本の内容を二度か三度の読み返しで覚えられる人、

10度も20度も読み返すなくては頭に入らない人、といった違いが出てくるのである。

後者の場合、速読法を身につけることによって多少は記憶力も強化されるが、 とうてい一発必中で内容を覚えられるところまでは向上しません。

例えば鈍足で100 M を走るのにどうしても18秒とか20秒かかる人がいます。

そういう人に筋力トレーニングなどを積ませ良いコーチをつけてフォームを矯正したら100 M 13秒ぐらいまではタイムを短縮できるでしょう。

しかしもともとその素質がないのであるからどう鍛えようが絶対にカールルイスやフローレンスジョイナーと並んで走れる総力まで向上することはできないのです。

速読法を身につける以前で覚えるまでに10度の読み返しを必要としていた人は見つけた後もやはり10度の読み返しを必要とするでしょう。

結果として記憶できるまでの所要時間が大幅に短縮されるから、速憶術 なのです。

これまでの記憶術と異なり、何か要領のようなものを要求しない、とにかく覚えるまでひたすらスイッチバックして繰り返して、

なお以前よりも時間を短縮するそれが端的に入って速憶術ということなのである。