10倍の速読能力とノウハウを身につければ5分で必要記事が読める!

速読法の訓練を施してそれまでの10倍の速読能力を身につけ分速4000文字で一般書籍が読めるようになったとしましょう。

一般書籍と違って新聞記事は一段の上下幅が小さく速読法を身につけると視線を上下動作せず、

横一直線に動かして読めるし、細かくページをめくる必要もありません。そうするとさらにスピード上がって5倍から10倍になります。

そのスピードで日経の記事が読めるようになれば20万文字前後で構成されている全記事を読み通すための所要時間は5分から10分です。

速読教室レッスンで10倍から20倍の速読能力を獲得することは、独学だとすぐに到達できる能力は3倍から5倍新聞記事で20倍から30倍というところが平均値です。

日経の全記事を読み通して20分前後、」それに日経の読み方のノウハウをプラスし、わずか5分で必要な情報を読み取りデータとして蓄えることは不可能でありません。

そんなこと言われてもまだ読書の皆さんとしてはそんな簡単に速読能力が身につくものかどうか半信半疑に違いないでしょう。 しかし成功例はたくさんあるのです。

速読法ということに関しては誤解している人が非常に多いのでここで念を押しておくと、

速読法のトレーニングを積むことによって記憶力が何倍かに強化されるという希望は持たない方がいいです。

速読するのと同時に書かれている内容が一発必中で覚えられるようにはまずならないからです。

あなたは内容を覚えようという意思を持って本を読んだ時何度ぐらいの反復読み返しをすれば全部覚えることができるのだろうか?

記憶力抜群で一度で覚えられる人、2度3度で覚えられる人、20 度も30度も 読み返さなくては覚えられない人というように、

人様々であるが、速読法を身につけたとしてもその状態はほぼ維持されます。

テレビに出てきて速読の実演をやり一度パラパラとページをめくっただけで内容を問われて答えられる人は、

速読法を身につける前から読み終えるまでの時間に大きな隔たりはあるがとにかく選んだものを一度でようやくできる能力を持っているのです。

世の大多数の人は例えば面白い小説を読み終えた時にあー面白かったと言って本を閉じてそれではと人から内容について質問されとロクに答えられません。

それと全く同じ状態が速読法を身につけたとしても維持されます。ただ内容の理解力把握力が落ちず読み終えるまでの時間が以前の秋分の1時間に短縮されるというように考えていただきたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です